日本共産党荒川区議団が2019年度予算要望432項目を区に提出。区民のくらし最優先の予算編成を求める。

10月22日、日本共産党荒川区議団は、西川区長に対して来年度予算編成にあたっての要望432項目を提出しました。区は、北川副区長が対応しました(写真)。

今回の要望書は、直前まで開催された9月区議会での質問や質疑の中で追及した内容を盛り込みました。同時に区議団や各区議会議員の行った区民相談、区内各種団体等との懇談、調査研究などに基づいてまとめたものです。

要望書全文は、PDFで掲載しています。ごらんいただきご意見などお寄せ下さい。引き続きみなさんの切実な願い実現に向けて力を尽くします。

2019予算要望

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です